本なんかをみてると、夕方ごろから調子が上がってくると書かれていますが、息子は絶えずだるくてしんどいと言います。

昼間に勉強出来なくても、夕方出来ればいいと思ったのですが、こちらの思うようにはいかないようです。
息子の様子だと元気!っていう時間がないようなんですけど、ODだとこんな感じになるのでしょうか?

マンガを読んだりテレビを観たりしてるときは機嫌もよく、よく喋るので、ただ勉強がしたくないんやろ~と言いたくなるのですが、どんな対応したらいいのでしょう?

この様な問題にはどう対処すればいいのか、見ていきましょう。

現在 中三の息子も分かったときは重度で今入院生活しています。

確かに元気になるのは夕方でしたがまともな生活は出来ていなかったです。
寝るかご飯食べるか・・・だけの生活してました。

だけど本人もどうしていいのか分からない感じだったので、どう接したらいいか本人と話し合いましたよ。

でも、体調は良くならなかったです。自分でもこうしたいのに出来ないというジレンマはあったと思います。

上手く関係を持つのは大変だと思います。
が、息子も長く暗いトンネルをなんとか出口に向かって頑張っています。

今日は、オープンスクールにも行けました。
こんな日が来ることなんて思ってもなかったので凄い成長だと思います。

息子さんにとって居心地の良い場所を見つけてあげてください。

うちの娘が一番辛かった時は、夜でした。

夜になると調子が上がると言っても、 隙さえあれば横になっていました。
朝起き上がれず、起きても頭を下げて歩いていたのが 多少、頭を上げていられるぐらいでした。

よく、「北京原人からクロマニヨン人に進化だ」と本人が言っていました。

とても読書が好きだったのに、本が読めなくなっていました。
よこになって読めそうなものなのですが。
頭に血が行かないので、集中力がないそうです。
あのころは、ひたすら、音楽と海外ドラマ(字幕)の毎日でした。

少しずつ良くなって行きます。
マッサージとか、ストレッチとか体を動かすことを意識してみてください。

体調が悪い時は、全く動けない状態

起き上がれてようやく何とか動き出せた状態、でも頭にちゃんと血が回って今まで通り、勉強ができる状態かと言えばそれは違って、なにかに集中しようとしても頭が回らなくて思考回路がしっかり機能していないと思ってあげているといいと思います。

テレビを見たり、ゲームをしたりは、リハビリ状態だと思ってください。
逆にやりたくても集中して勉強や運動に取り組めない彼らの唯一の気分転換の時間だととらえてあげてください。
重い症状の時は、起き出して何かをすることができて、よい表情をしていればよしとしてあげることです。
そんな時間を使って、会話をすることでコミュニケーションを図るのがベストです。
まずは、今までの元気だった状態を通常と考えずに、通常の状態は、一番症状が重く出ている時だと思ってあげるよう頭を切り替えるといいかもしれません。
慣れるまではなかなか難しいですけど…。

症状が重ければ重いほど、変に無理をさせてしまうと長引いてしまうように思います。
いろいろとそうは言っても…というような状況は出てくると思いますが、思いきって腹をくくってしっかりと休ませた方が、結果的には早く落ち着くと、経験上感じています。
ずっと、今の酷い状態が続くわけではありません。
むしろ、必要以上のストレスやプレッシャー、外部からの心無い言葉で傷ついてしまい、精神的に病んでしまうことのないようにきをつけてあげましょう。

うちも振り返ればあの時、こうしてあげればよかったと後悔することもありますが、今では、普通に大学生活を送り、将来に向けて就活や卒論に取り組む毎日を過ごせています。
普通に元気に学生生活を送ってきた子ども達が羨ましく思うのは否めませんが、この病気を経験したことで、成長し、考え、深みのある若者になってくれたと感じています。
今は、学ぶための道はたくさんあります。
偏差値の高い学校に進学すればよい未来が待っていると、進学実績を重んじてお尻を叩かれるより、回り道してもしっかりと自分の信念をもって生きていく強さをもって社会に出た方が私は、強いと思うし、これからの時代を乗りきっていけると思っています。

辛い経験だけど、これを糧にして社会に出て懸命に頑張っている先輩はたくさんいます。
今は、長い人生のほんの一握りの時期だと思って、焦らずに毎日を大切に過ごしてくださいね。

私立中学に入って、中1で発症してしまった

結局、出席日数のことで無理をさせたりもしてしまったのに、中3で校長教頭が代わり、あっさり日数不足だからと担任やカウンセラーの先生が交渉してくれたにも関わらず、外部に出されてしまったの。

でもね、高校は今、いろんなタイプの学校があるから普通の全日制高校だけがすべてだとは思わないで。
公立でも3部制の定時制高校なら午後や夕方から一時間目が始まるから、朝早い時間からの登校が無理でも自分の体調で無理なく勉強できるんじゃないかしら。
不登校の子ども達が通いやすいようにいろいろと工夫してくれている高校が公立でもチャレンジスクールという名称であるし、そういうところは内申書や出席日数に関わらず、面接と作文で受験できるはずですよ (^-^)v

通信制の高校もあるし、中学時代に勉強ができずに学力に自信がなくてもそれこそABCからやり直してくれる学校も多いですよ。
うちは通学型の通信制高校に通いましたが、いろんな意味で手厚かったですよ。

とにかく、今は、昔とちがって学ぶための道はたくさんあるってことです。
息子君のこと、元気付けてあげてくださいね♪